ネタを仕入れる。

サッカー帰りに古本屋で既知の新井素子さん登場本を数冊買う。山田詠美『再び熱血ポンちゃんが行く!』は、以前掲示板で紅樹さんに新井素子さんの名前が出てくると教えてもらった本。『熱血ポンちゃんが行く!2』を改題した講談社文庫版である。確認してみよう。他にいしかわじゅんの小説『東京で会おう』。これも本文中に新井素子さんの名前が出てくるらしい。あとは『三毛猫ホームズの駈落ち』のカッパノベルス版も発見。新井素子さんが解説を書いている。同じ解説が収録された光文社文庫版は既に持っているのだが、新書版は今まで持っていなかったので。
ついでに母親が読みたいと言っていた樋口一葉の本を探しに本屋へ行く。新札の影響か人気を呼んでいるようだ。手作りポップ付きで平棚の目立つところにコーナーが作ってあったのだが、既に角川文庫版『たけくらべにごりえ』1冊しか残っていない有様であった。文庫だと字が小さくて読みにくいかと思い、結局買わなかった。老人が読むには岩波文庫ワイド版の『にごりえたけくらべ』がいいかも知れない。近隣の本屋には置いてなかろう。ネットで買うか。