片山憲太郎『電波的な彼女〜愚か者の選択〜』。

第3回スーパーダッシュ小説新人賞の佳作受賞作『電波的な彼女』の続編。一作目が面白かったので読んでみた。相変わらず話の持って行き方がうまくて最後まで飽きることなく読み終わった。うますぎて作中で語られる陰惨な出来事がこちらの脳裏にくっきりと刻み込まれ後味が悪いことこの上ない。やりきれない思いを抱え込んだままページを閉じることになるのである。たまらんな、これは。
新キャラクターも登場しシリーズ化の様相が濃厚である。三作目も読んでみたい。この後ジュウは無力な主人公から脱却できるのかな?